カウンセリングで改善されなければ転職を!

カウンセリングでお悩み解決

その悩み、カウンセリングに頼りましょう

カウンセリングを活用しましょう!

仕事や人間関係などのストレスを抱えて悩んでいる方に、カウンセリングの上手な活用法を紹介するサイトです。【お問い合わせ】

体を壊す前に転職を考えよう!

体を壊す前に転職を考えよう!

ストレスや悩みが強い中で無理をして仕事を続けてしまうと、うつ病などを発症して会社を長期休養したり、辞める必要が出てしまいます。新しい職場への転職に不利な状況になりますので、早めの決断が必要です。

うつ病になってしまうと

ストレスが多い職場で無理を続けてしまうと、結果的にうつ病など精神疾患になってしまう可能性があります。もしうつ病になれば専門医の治療と休職をした上での休養が必要になります。会社に勤めている人は社会保険制度に守られているため休職中の収入もあり、会社を休んでもクビになることはないでしょう。しかし復帰後も同じ職場環境で働くと、うつ病が再発してしまう可能性も少なくありません。またフリーランスとして働いている人は、仕事を休めば収入がなくなり、仕事自体を失ってしまう可能性があります。さらにうつ病などが原因で休職した経験がある人は、転職時に不利になります。転職できないわけではありませんが、転職先候補の企業が限られてしまうでしょう。

仕事で無理してしまう人の心の中

うつ病になるほど無理をしてしまう人は「責任感が強い」のかもしれません。仕事をしっかり最後までやる、家族を自分で養うなど、様々なことに強い責任を感じているはずです。そのため仕事を休んだり転職をしたりという選択肢がすぐに浮かびません。また「プライドが高い」人も無理をして仕事を続けてしまいます。今の職場を辞めて転職をすることを「逃げ」だと思ってしまいます。同僚に負けたくないという一心で仕事を続けてしまい病気になってしまうこともあります。さらに「義務感が強い」人は、特に根拠もなく「今の仕事を続けなければならない」と考えます。義務感に縛られてしまうと身動きが取れなくなってしまいます。

仕事を辞めることは恥ずかしくない

起床した時に「会社に行きたくない」と思い布団から出られなくなるなど、うつ病を発症する前には何かサインがあります。このようなサインを見逃さず、また見て見ぬふりをしないようにしましょう。心に素直になれば「仕事を辞めたい」という本音が見えるかもしれません。少なくともカウンセリングを受けてカウンセラーに相談をすれば、適切な選択肢が浮かんでくるでしょう。それが転職かもしれません。仕事を辞めて転職をすることは恥ずかしいことではありません。実際に多くの人がストレスが多い職場を離れて、転職先で楽しく仕事をしています。無理をして転職活動が困難になるほど自分を追い込んでしまう前に、自分から積極的に転職活動を行いましょう。
自分でどうしていいか分からないと思った時は、カウンセリングを受けることをおすすめします。カウンセラーが仕事を辞めること転職をするように、背中を押してくれるかもしれません。

悩めるあなたにおすすめの記事!