カウンセリングで相談できる悩みとは?

カウンセリングでお悩み解決

その悩み、カウンセリングに頼りましょう

カウンセリングを活用しましょう!

仕事や人間関係などのストレスを抱えて悩んでいる方に、カウンセリングの上手な活用法を紹介するサイトです。【お問い合わせ】

どんな悩みが相談できるのか?

どんな悩みが相談できるのか?

カウンセリングを受けると、どのような悩みを解決できるのでしょうか。大きく分けると4つの悩みを解決することができます。今回はカウンセリングで解消できる悩みの内容について紹介します。

モヤモヤした心の悩み

特に理由はないけれど、何となく生きづらいと感じている人は多いのではないでしょうか。具体的に何が辛いのか分からないけれど、心がいつもモヤモヤしているような状態の人です。自分の人生がうまく行っていない感じは分かるのですが、その原因が特定できないため、解決ができません。また誰にどのように話をすれば良いかすらわかりません。結局、誰にも相談できず、悩みを抱えたまま生活を続けてしまいます。将来への漠然とした不安がある人は、そのまま放置せずカウンセリングを受けると解決に向かっていきます。なぜ心がモヤモヤするのか、生きづらいと感じるのか、その本質的な原因を突き止めた上で治療を受けることができるからです。

仕事上の悩み

仕事上の悩みを抱えている人もカウンセリングを受けることをおすすめします。仕事上の悩みは、仕事そのものについての悩みよりも職場の人間関係に悩んでいる人がほとんどです。上司と性格が合わない、同僚と協力できない、困った同僚がいる、部下とのコミュニケーションに苦労しているなど、様々な悩みを抱えている人がいます。また職場の将来性に不安を感じている人もいます。そのまま会社にいても良いのかという悩み、さらに自分のスキルを活かせる職場に移るべきではないのかという転職関係の悩みを持っている人もいます。仕事関係のカウンセリングの専門家もいます。カウンセリングで仕事上のすべての悩みを相談することができるでしょう。

子どもに関する悩み

子育てをしている人は、自分の子どもについて様々な悩みを持っています。特に多いのが思春期を迎えた子どもたちを持つ親の悩みです。特に不登校になった子どもや、引きこもりになってしまった子どもを持つ親の悩みはとても深いです。さらに素行不良になり、警察に補導されてしまうような問題を抱えた子どもを持つ親の悩みも同様に深いでしょう。自分や周囲の人だけでは問題を解決できないと感じたらカウンセリングを受けましょう。また子どもにもカウンセリングを受けさせましょう。
このような状況になると「なぜ子どもの問題に早く気付けなかったのか」と親が自分を責めてしまうことがあります。その結果親がうつ病のような状況になり、誰かに相談したくて心理カウンセリングの門をたたくこともあります。

夫婦の悩み

夫婦の間でも悩みはあります。パートナーが「もう自分のことを好きではないかも」と不安に思ったり、家庭の雰囲気の悪さに悩んで心理カウンセリングを訪れることは珍しくありません。夫婦間の会話がなくなってしまうと、ふたりだけで問題解決をすることが難しくなります。カウンセラーが間に入ることでお互いが意見を言い合うことができますので、両者の関係を修復していくことができます。

悩めるあなたにおすすめの記事!