仕事のストレスはカウンセリングへ

カウンセリングでお悩み解決

その悩み、カウンセリングに頼りましょう

カウンセリングを活用しましょう!

仕事や人間関係などのストレスを抱えて悩んでいる方に、カウンセリングの上手な活用法を紹介するサイトです。【お問い合わせ】

ストレスを感じたら早めにカウンセリングを受けよう!

ストレスを感じたら早めにカウンセリングを受けよう!

ストレスを感じたら、早めにカウンセリングを受けるようにしましょう。特にストレスが多い職場で働いている人は自分で自分を守るために、カウンセリングを活用しましょう。

ストレスが多い職場に注意

仕事の悩みの多くは、職場の人間関係から発生していることがほとんどです。また職場のストレスが原因でカウンセリングを受けている人は、共通の悩みを抱えています。まず「勤務時間が長すぎること」によるストレスです。ひとりが担当する仕事量が多すぎて、残業が当たり前になっている職場はストレスがたまります。ストレスを解消するための余暇を楽しむ時間もないため、さらにストレスが募っていきます。
また「上司の指示が変わること」がストレスになっている人も多いです。一貫性のない上司の指示に振り回されることは大きなストレスになるでしょう。この場合、問題のある上司がいるケースと、部署や会社の方針に一貫性がないケースがあります。
さらに「人事評価に納得がいかない」というストレスもあります。本来はもっと評価されるべきなのに、不当に低い評価を受けていると感じるとストレスが強くなります。このような職場で働いている人はストレスで心が病んでしまわないように注意が必要です。

カウンセリングで自己防衛しましょう

問題のある職場で働くと、どんなに自己防衛してもストレスがたまってしまいます。もちろん仕事でミスをしないようにケアをしたり、人間関係を円滑にできるようコミュニケーションを密にとるなどの対策も必要です。しかし個人の努力には限界があります。ストレスにさらされ続けると、徐々に集中力が低下してミスも多くなります。自尊心が低くなり、ネガティブな考え方になっていく人もいるでしょう。次第に無気力になり会社に行きたくなくなるころには、ストレスが原因のうつ病を発症しているかもしれません。職場に心のケアを求めても難しいため、職場とは関係ない第三者に相談して身を守るようにしましょう。
そのためにカウンセリングを利用しましょう。カウンセラーに相談をしたり、愚痴をこぼすことで冷静になれますし救われる気持ちになります。客観的に現在の職場の問題がみられるようになり、無気力になる前に前向きな解決方法を実行することができるでしょう。

早めにカウンセリングがおすすめです

カウンセリングを大げさに捉えすぎて敬遠する人がいます。多少のストレス程度なら自分で解決すべきだと考えている人もいるでしょう。しかし心の病気になってからカウンセリングに行っても、心と体の状態はすぐには回復しません。予防の意味を込めて、ストレスを感じた段階でカウンセリングを利用してみましょう。現在は生活習慣病にならないように、早い段階でパーソナルトレーナーをつけて自己管理をする人が増えています。
またジムに通い体幹など必要な筋力をつけて、老化を未然に防ぐように心掛けている人がいます。メンタル面でも同様に考えて、ストレスが多い職場で働くためにカウンセラーを味方につけましょう。心の病を未然に防ぐことができ、さらに仕事に前向きに取り組めるようになるかもしれません。

悩めるあなたにおすすめの記事!